セコイアと行く、県外サイクリング

世間ではゴールデンウィークですが、僕はカレンダー通りのため普通の土日の感覚です。
久々のすなっち観光は、山の奥にあるダムを見るというサイクリングでした。ダムは山の奥にあるのは普通だと思いますが、そこはすなっち観光。
四国には2つしかない中空式のダムというのもありますが、なにより未舗装の道が続く道を行くルートです。

そういう道は、セコイアの出番です。そのために買ったようなものです。

ダムも見栄えがありましたが、未舗装路のほうが印象が強く残りました。
白い道は、外国のレースで見たような感じでした。殆どは乾いた道でしたが所々に水たまりがありその影響で、せっかくキレイにして出発した車体は真っ白になり、ボトルもドロドロ。
幸い大きなサドルバックを装備していたのでウエアはそんなに汚れず済みました。

未舗装路自体は、前半は走りやすく硬い路面でしたが、後半は路面が悪くガタガタで、下りは特にひどくサスペンションが欲しいと思いました。
それでも、舗装路では味わえない走りを感じることができ楽しいひとときを味わうことができました。

参加者:かっちさん、すなっちさん、僕
距離:65.22km
高度上昇値:1,048m


8時過ぎにスタート。
ゴールデンウィーク初日ということあって、バイカーの方や自転車の方がいました。
まずは目的の林道まで、舗装路を走って向かいます。
下っているように見えて上っているという目の錯覚に悩まされながら進みました。
1人だけMTBのすなっちさんが遅れ気味です。途中、吊橋が見えたので休憩。 

 

たんぽぽと自転車吊橋と自転車

ここは小さはダムがありました。
十分休憩して、先へ。 

小さなダム舗装路 

ようやく分岐点へ到着。
山の木々は新緑であるれていました。
緑が眩しいとはこのことですね。
休憩した近くで、熊注意の看板が・・・・。 

新緑熊注意

いよいよ林道へ。
以前来たときは閉鎖されていましたが、今は通行できるようになっていました。
路面は、しっかりとしていて走りやすかったです。 

林道へ未舗装路

斜面もゆるく、上りの勾配も思ったよりなく話をしながら走れる感じで良かったです。
おかけで周りを見ることができ、初めて走る道を楽しむことができました。

林道

すなっちさんも撮影しながら進んでいました。二人で撮影しながら走っているので抜きつ抜かれるインターバルトレーニングです。

MTB抜きつ抜かれつ

途中で存在感のある木がありました。なんの木でしょうか?

木木

どんどん先に進みます。

林道

進んでいくと、素掘りの短いトンネルが出現。

林道素掘りの隧道

横には川が見えます。
所々に水たまりがでてきました。このお陰で車体はもちろんサドルバック、ウェアも泥跳ねで白くなってしまいました。 

川水たまり

分岐点で、休憩。
かっちさんに頂いたカラマンダリンで補給です。容量のあるサドルバックなのでなんぼでも入ります。甘みの酸味もバッチリです。

分岐点カラマンダリン

橋がありましたが、欄干がボロボロになるほど風化していました。

 

橋談笑

ここからダムが正面に見える場所へ移動。
しばらく走ると見えてきました。 

林道ダム

写真では見たことがありましたが、生で見ると存在感があります。

大森川ダム

ここからダムへ向かって上っていきます。分岐では念のためルートの確認。 

上り確認

ダムに到着。
中空のダムらしいのですが、外観からは伺えません。管理棟は向こう側でダムの説明も見ることが出来ませんでした。
引き返す程の体力もなく。このままダム湖の外周を回って行くことになりました。 ちなみにスマホの電波は圏外。

大森川ダム外周

ここからが結構長かった。
合流地点まで結構走りました。 しかも、道も走りにくいときたものです。

うねる道深い轍

補修に石を使っている場所がちらほら。

未舗装路未舗装路

分岐点の橋に到着。 

橋

ここから、合流地点へ向けて出発。
ここまでと同じ上りと思っていましたが、ちょっと斜度が上がっていました。
しかも、柔らかめの路面で上りにくい。

上り上り

通行止めであったであろう場所もありました。
ひたすら上ってだいぶ高度も上がってきました。 

崩れ後上り

ようやく合流。
ここでお昼にすることに。弁当持参ということでしたのでコンビニでおにぎりを買って、ピクニック気分で道路で昼食。
しかし、まったく車やバイクや自転車がきません。

ダムの管理棟側から上がってくる道を素敵な感じがしました。

おにぎり反対の道

もうひと踏ん張り。
最頂点らしき場所を越えて、下りへ。
下りの道は結構激しくてさすがにサスペンションが欲しいと思いました。ここはMTBのすなっちさんがあっという間に見えなくなりました。
かっちさんと二人で下っていきましたが、初めて下りで腰が痛くなりました。 

上り下り

下りきると、舗装路へ。小学校らしき場所へでてきました。
ここでようやくうしろからオフロードバイクが、物好きはいるものですね。
この後は、未舗装はなく舗装路で快適に走ることができました。 

学校川

帰りは、吊橋を見つける度に寄っていきました。

吊橋吊橋

長沢ダムの湖面は白波がたっていました。

湖面舗装路

木漏れ日の中、快適なサイクリング。

木漏れ日木漏れ日

途中で、車が立ち往生。聞くと道にうさぎがうずくまっているのとのこと。
何かに襲われたような傷があるとかっちさんが言っていました。
道の上の山へ離してやると少し元気に動いていました。

野うさぎ野うさぎ

長沢ダムで休憩。舗装路で遅れているすなっちさんを待ちます。
ここも風が強かった。いつも走っている道とは別の道で帰ることに。

長沢ダムダム外周

下るだけの道と思いきや。
完全な上りでした。かっちさんが近くの人に聞くと繋がってるとのこと。安心して進みました。
あと半分くらいで下りと聞きましたが、思ったよりも長かった。 

上り下り

下りきると走ったことのある感じの道へでてきました。
後はスタート地点へ戻るだけ。

ようやくゴール。
後は温泉に入ってスッキリして、サイクリングの終了となりました。
改めて温泉が近くだと気持ちよく帰れていいですね。眠気が問題ですが・・・・。

次回はどこへ行くか楽しみです。 

帰り道道の駅

この投稿へのコメント

  1. かっち said on 2017年5月2日 at 20:35

     これまでに無い程のロングオフロードでしたね!、ウサギの恩返しは有るのでしょうか?・・・楽しみです。
    セコイヤでの県外サイクリングは初めてでしたね~、木の香温泉スタートのオフロード色々なコースが楽しめそうですね!、寒風山コースとか行きたいですね~!。
    新鮮な道が広がっていますね~!、高知県はOFF林道の宝庫ですね!・・・これからが楽しみです。

    • ヤマモト ナヲキ said on 2017年5月8日 at 19:47

      ›かっち様
      お疲れ様でした。
      セコイアになって走る道のバリエーションが増えて楽しいですね。
      高知や徳島には未舗装路がたくさんありそうで楽しみです。
      これからの季節、山の中はハチに刺されないように気をつけないといけませんね。

  2. すなっち said on 2017年5月2日 at 20:34

    お疲れ様でした。。

    セコイヤ、林道でもスイスイ走ってましたね。。舗装ではMTBはたちうちできないし、、。

    あ、そうそう。うさぎの恩返し。ありますかね??笑

    • ヤマモト ナヲキ said on 2017年5月8日 at 19:45

      >すなっち様
      お疲れ様でした。
      うさぎの恩返し楽しみですね。
      高級自転車やホイールを家の前まで持ってきてくれるのではないでしょうか?
      その時は、一つ譲ってもらいましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。